犬がご飯を口にしない?犬の食欲が衰える理由って

「ご自身の愛犬は食欲についてはどんな犬にも一歩も譲らない!」「今迄ごはんをそのままにしてたというのはほぼない!」といった愛犬がごはんを口にしない・残すとなったら、飼い主さんはかなり不安になると思われます。

これまで健康でひとつ残らずごはんを口にしていた犬がごはんを味わって無かったり、食欲が落ち込んで来た事、どういった起因が考慮されるのでしょうか?他にはどの様な対処法があるかという事気にかけていくことが大切なのです。

1.愛犬の食欲が下がったごはんを口にしない起因を考える

愛犬がめっきりごはんを食べて失せたり、食欲が下がったであれば、一番にまず「どれぐらい前から」なのだろうかを思い出して下さい。

「いつ頃から」かということが断定出来る様にであるのなら、それらの前か後に愛犬と「何処」まで足を運んで、「なに」を行なっていましたか、他には、愛犬が「なにを口に運んでいましたか」を思い出してみていきましょう。
どれもこれも思いだしにして思い出してみていくことにより、愛犬の食欲が無くなってしまった起因を判別可能なケースがあります。

起因を断定するポイントとなるところと、解決手段を少しばかりピックアップしてみましょう。
何かわずかでも心配ことや考えられる理由がないですか?

散歩のまっ最中や家族内で盗み食い・拾い食いをしてしまったことなどなかったのか?
万が一あるなら、直ちに愛犬を動物病院に連れて行くことが重要です。
口にしてしまったとは言え食べたものによっては放置しておくと死に至る恐れがあり、いち早く吐きださせるか、獣ドクターが必要なと断定した際には開腹切開手術で摘出させるケースもあります。

ドッグフードを除いた食べもの(お菓子など)をあたえていないたか?

通常口にしていたドッグフードに比べて「美味しい食べ物」を口にしたことが原因で、それしかを食べ失せてしまう場合があります。
他には、ただ単にお菓子をいっぱい口にしてしまうとおなかが一杯となってしまい、愛犬がごはんを味わって失せてしまうかも知れません。

ドッグフードは愛犬の肝になる栄養配分最優先で構成されているので、日頃から口にしているドッグフードを中心となって、お菓子は可能な限りやらないように心掛けましょう。

いきなり、ドッグフードのタイプをチェンジしているだろうか。それから、ドッグフードの保存箇所は常時適温が保持されてありましたか。

犬は嗅覚がとても優れているものでニオイには、極めて過敏になります。
いままでいただき慣れたドッグフードのタイプを一変するだけのことで、受け付けないケースがあります。

ごはんを新しく取り換えるならば、これまで上げていたドッグフードに新しいドッグフードを混ぜ合わせながらも、段々とチェンジしていくことが重要だと思います。

最近気になるナチュロルドッグフード

他には、ドッグフードが日光の紫外線に当たり継続しているとひどい状態になってしまう他、湿度が多くある場所にそのままにしておくと噛みごたえに変化が起きる可能性もあります。
ドライのドッグフードは包みを開けた瞬間に低下がスタートするもので、米びつ程度の長期保存にふさわしいケースに入れ替えるようにし、強い陽射しが当る置き場所や外気温の変化の強烈な置き場は除けてストックしましょう。

♀犬なら生理の前後、♂犬なら生理中の犬に遭遇していないだろうか。

女性だとしても生理中は身体の具合がすぐれないことがおこりますが、犬も同じ様に生理中はコンディションがすぐれないことがおきます。
他には、♂犬 は生理中の♀犬に遭遇してしまうと、その♀犬の事が寝ても覚めても忘れられず、ご飯がのどを通ら失われてしまうことだってあります。
このようなケースでは、両者とも時間の経過と共におさまるのでこれといって心配ありません。

愛犬がストレスと感じている事を行なってないか。

愛犬が嫌いなスポット(動物クリニック、ペットヘアカット店、ドッグラン、ドライブなど)にと共に行くなど、何時間も何時間も留守番をさせてしまったり、ハウスやゲージなどに入れっぱなしにしたりすることによって、ストレスがもたらされ、食欲がダウンしてしまう可能性があります。
他には、仕方ないこととはなりますが、引っ越しなどももちろん大きなストレスが発生します。

クリニックなどはどうしようもないですが、愛犬が嫌いなスポットはなるべく敬遠し、徐々に手間を惜しまずに慣れさせるようにし、愛犬に高レベルなストレスを感じならないようするべきです。